車両保険など契約内容を見直す

2014年3月10日 / 安くする

自動車保険に入ろうとする時に問題なのが保険料の問題ですね。保険も安いものではありません。しっかりした補償を受けようとすると保険料が高くなってしまいます。特に年齢が18歳~20歳の人が保険に加入しようとすると月払いで2万円~3万円にすぐになってしまいます。どのようにしたら保険料を節約できるのでしょうか。

最近では年齢別料率区分というものができて、年齢条件にプラスして年代別の調整値がつくようになりました。年齢条件というのはほとんどの保険会社が上限は35歳以上補償という形になっています。35歳以上の方は割bき率が一緒だったのですが、高齢者の人の事故が多いということで年代別の調整値がつくようになってきたのです。テレビやラジオでも言ってますよね。つまり高齢者の60歳以上の方は全国的に事故が多いので割増という形になってきているのです。もちろん60歳以上の方でも事故を起こさない人は多くいます。しかしながら保険会社は確率とか数の法則で話しをしてきますので全国的な事故率が問題になってきているのです。それでは、どのようにすれば若い人や高齢者の方の自動車保険は節約できるのでしょうか。

車両保険を見直す

通常の車両保険は2種類あります。車対車の補償に限定している車両保険となんでも補償される一般車両保険です。もちろん事故はどのような場合に起こるのか解らないので一般車両保険がいいに決まっています。ところが一般車両保険を契約すると保険料が非常の高くなってきます。新車の時なら一般車両でいいと思いますが、3年過ぎたような車であれば車対車の補償の車両保険でもいいのではないでしょうか。そうすることでかなり保険料を節約することができます。もっと古い車となると車両保険を削除することでもっと節約できます。自分の車の修理代を補償する車両保険は自分の財布の中身と相談してから決めたいものです。

自動車保険一括見積を活用する

インターネットの自動車保険の宣伝を見ていると自動車保険一括見積サイトがたくさんあります。そこで自分の車の見積を何社か一度に取ることができます。そこで一番保険料の安いところと契約することでかなり保険料を節約することができます。極端な場合には保険料が半額近くになることもありますので有効な手段です。同時に保険の内容を見直すことでさらに節約することができます。インターネットができない高齢の方でもフリーダイヤルで対応してくれるサイトがたくさんありますので活用したいのですね。

保険料の安い車種に切り替える

自動車保険は自分の等級という割引とは別に料率という係数を使って計算されます。料率は車種によって違いますので、事故の少ない車種は料率が低くなっているのです。自動車保険の担当者に確認してどの車種が料率が低いのか聞いて、その車種に乗り換えるということも有効な手段なのです。同じ保険で料率が低い車と高い車がありますので比較してみましょう。

いずれにしろ、自動車保険は安いものではないのでさまざま方法で保険料を節約して加入したいものです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る