自動車保険の契約内容を工夫して節約する

2014年3月10日 / 安くする

自動車保険を契約するときに契約期間というものがあります。通常契約期間は1年間です。1年後の無事故の場合には等級という割引が上がって翌年の保険料が安くなるのが通常です。また1年間の中で事故があった場合には満期で更新する時に等級という割引が下がり保険料が高くなります。事故をして保険で対応した場合に、予想よりも保険料が高くなってしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか。

しかしながら契約期間が3年という契約もあります。最近では3年契約が主流になりつつありますが、中にはまだ1年契約という方もいるのではないでしょうか3年契約にしておくと余計な更新手続きや長期契約特有の割引を受けることができます。契約期間によって保険料が変わってくるのです。さまざま契約方法がありますので是非活用してみてください。

契約期間を3年にする

契約期間が3年と1年では保険料の総合計額が違います。3年契約の方が断然お得なのです。面倒くさい更新の手続きが不要ですのでおすすめです。また保険料の支払い方も月払いや年払い、3年一括払いというのがありますのでお金に余裕がある人は3年一括払いにしてみませんか?3年の月払いよりも3年一括払いの方が安くなりますので、気になった方は自動車保険の見積を取って比較してみましょう。

クレジットカード払いにする

最近クレジットカードでなんでも支払いする人達が増えてきています。水道光熱費や携帯電話料金などさまざまな支払いがクレジットカードでできるようになりました。自動車保険もクレジットカードに引き落とすことができます。保険料の割引はありませんがクレジットカードで引き落とすことによりカードのポイントが貯まって好きな商品と交換することができるのです。毎月や毎年必ず引き落とす保険料ですので、単に現金払いや口座引落を利用するのではなく、クレジットカードに変更してみませんか?保険会社によってはクレジットカードに対応していない会社もありますので、自分の加入している保険会社に聞いてみましょう。

積立タイプの自動車保険を利用する

保険には積立保険というものがあります。一定期間契約をして満期を迎えると満期返戻金があるタイプです。傷害保険や火災保険では積立タイプにしている人がいるのではないでしょうか。満期返戻金を受け取ることは楽しいものです。タイミングさえ合えば車検の費用な車の買い替えの頭金に利用することができます。お金も溜まるし保険の補償も受けれますので便利な保険です。今自動車保険を契約中の方は、契約している保険会社に積立タイプがあるのかどうか確認してみてはいかがでしょうか。

いずれにしろ、同じ自動車保険に加入すると言ってもいろいろな契約方法があります。自分にあった契約方法がきっと見つかりますのでいろいろと検討してみませんか?同じ保険の内容で保険料がかなり違うことも多くあります。契約方法は保険の途中で変更することはできないので新規契約のタイミングか更新のタイミングでキチンと見直すようにしたいものです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る