自動車保険の契約手続き

2014年3月10日 / 基礎知識

自動車保険を契約する時にどのような方法でおこなっているのでしょうか。ちょっと前までは、損保代理店や保険会社の担当者が自宅へ来て加入の手続きをしていました。必要書類にサインをしたりハンコを押したり面倒くさかった経験がある人も多いのではないでしょうか。最近では契約の方法も少し変わってきているようです。

昔ながらの方法で損保代理店や保険会社の担当者と面談して手続きをする

昔ながらの方法ですが、今でも続いている契約方法です。損保代理店や保険会社の担当者の方が、約束の時間に訪問してきてから契約の手続きを行います。パンフレットも持ってきますので補償内容や解らない所を納得のいく所まで聞くことができます。最近ではハンコが要らないパターンや初回保険料も不要な場合が多いですので、本当に説明を聞いてサインをするだけです。損保代理店や保険会社の担当者は、1社しか扱っていない場合が多く見積比較ができないことが欠点ですが、その代わりその保険商品に精通していますので安心できます。

インターネットで手続きをする

外資系の損害保険会社に多い傾向ですが、インターネットで契約が完結するパターンです。人件費がかからないためインターネット契約割引という特別な割引が適用されることがあります。1万円くらい割引があることもありますので有効な手段です。インターネットだけで完結する場合とあとから必要な書類が郵便で送られてくるパターンがあります。後から郵便で送られてきても、その書類にサインをするだけで契約が成立することがおおいですので面倒なことはありません。

電話で手続きをする

コールセンターとの電話のやり取りで契約の手続きが完了するパターンがあります。この方法だとコールセンターの担当者に解らないことは聞くことができるので納得して手続きすることができるのではないでしょうか。インターネット契約手続きと同様に必要な書類は後から郵便で送られてくることがありますので、必要な所にサインをするだけで大丈夫です。

来店型ショップに来店して契約の手続きをする

大型ショッピングモールやテナントに来店型の保険ショップがあります。最近増えてきているのがこの来店型保険ショップです。お客様の好きな時間に来店するだけで担当者から保険の説明や契約の手続きの手順を教えてもらうことができます。当然その場で契約の手続きもできますので時間が不規則な人にはおすすめの方法なのではないでしょうか。来店型保険ショップもさまざまな保険会社の自動車保険を扱っている場合が多いですので見積比較をその場で行ってもらえます。納得の保険料の会社と契約できますので有効な方法なのではないでしょうか。

いずれの方法でも自動車保険の加入手続きを行うことができます。自分がどのタイプの契約方法がいいのか検討してみてはいかがでしょうか。納得して加入することが一番重要です。また自動車保険は非常に難しい商品ですので、なんでも聞ける担当者になんでも質問するようにしたいものです。安くない買い物ですので面倒くさがらずに質問をしていきたいものです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る