あなたの自動車保険は通販型?それとも国内大手損保型?

2014年3月10日 / 基礎知識

インターネットやテレビを見ていると必ずと言っていいほど自動車保険の広告や宣伝を見かけます。その宣伝を見ていると事故満足度ナンバーワンとか納得の保険料などと説明をしています。なぜ保険会社によってこんなに保険料に差が生まれるのでしょうか。

通販型自動車保険の特徴は何と言っても保険料の安さです。このような経済状況の中、少しでも出費は少しでも安くしたいものです。このような通販型自動車保険が人気であることも理解できます。また国内大手損保会社と言われる会社は、安心や信頼をテーマにした広告や宣伝を行ってきます。この違いはなんなのでしょうか。

国内大手損保会社は対応力が違います

国内大手損保会社は代理店制度を採用しています。代理店制度とは地域に密着した代理店と呼ばれる人達と提携することによって保険の契約や事故処理などを代理店が行います。基本的に代理店は地域密着で転勤もありませんので一生同じ担当者が担当することになります。よく生命保険でも他の損害保険でも担当者がコロコロ代わって話しが通じてないということがありますよね。代理店制度を利用することによって、お客様のそのような不安を払拭しているわけです。

通販型自動車保険は保険料の安さが売りです

自動車保険の一括見積を行ってみれば一目瞭然なのですが、通販型自動車保険は国内大手損保会社の保険料よりも格段に安いことが特徴です。なぜそのように安い保険料になるのでしょうか。それは、社員の数の違いや代理店制度を持っていないので人件費がかかっていないのです。人件費だけではありません。社員を各地に配置する場合には支社や支店などといった所を持たなければなりません。ほとんどがテナントの場合が多いのですがテナント料もバカになりません。ましてやそれが全国規模になりますので固定費だけでも相当かかります。通販型自動車保険はコールセンターを大都市に集中させていますのでそのような固定費がかかっていないのです。結果お客様に提供する自動車保険をあのような安さで提供できるようになっているのです。

みなさんの自動車保険はどちらのパターンでしょうか。地域密着型で安心や信頼を求めるのであれば国内大手損保会社の自動車保険がいいと思うし、保険料の安さを求めるのであれば通販型自動車保険を選べばいいと思います。どちらにもメリットとデメリットはあります。よく考えてから決めたいものです。

自動車保険に加入している人に評判を確認するということもいいことです。今から始めて自動車保険に加入しようと思っている人は、なにがいいのか悪いのかさえも解らないものです。友人や知人に自動車保険に加入している人がいるのであれば評判を確認してみましょう。自動車保険は一度加入するとずっとそのままではありません。切り替えることもできるのです。無事故割引というメリットも切り替えることができますので、一旦は評判のいい会社で自動車保険の契約をしてみて実際に確認してみることもいいことではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る